メニエール病でも前向きに楽しく生きよう

メニエール病に悩む人たちと共に症状を克服したい

歌手のmisonoさんのメニエール病記事について

こんにちは!

晶です!

 

今日、ヤフーニュースで歌手のmisonoさんが活動休止という記事がありました

理由はメニエール病の治療に専念するとのことでした

 

個人的にはとても好きな歌手でmisonoとして活動する前の

day after tomorrow の頃から聴いていた歌手だけあって

活動休止は残念なニュースでしたがメニエール病を患ってしまった以上

やむをえないという状況だと思います

 

記事には本人曰く

「多忙なスケジュールの中での異変に気づいた。耳がすごく痛くて起きたらめまいがある、めまいが治まるまで待たないといけないし、舞台袖でも震えが止まらない」と書いてありました

 

misonoさんは闘病中の夫を支えながら一人一生懸命に頑張ってきたんだと思います

夫をがつらい状況のなか仕事を頑張らなければいけないという

プレッシャーもきっとあったのでしょう

 

そんな中症状が出てきてもはじめのうちはきっと我慢しながら

仕事をしていたんじゃないかなと思います

 

それでも仕事に支障をきたすレベルで症状が悪化したことから

今回の決断に至ったのでしょう

 

misonoさんはお医者様から

「休んでください、ストレスをためないでください。生活習慣を変えてください」と言われたそうです

 

それまでmisonoさんは「自分以外にも頑張っている人はいっぱいいる、何より夫も闘病中で人一倍頑張っているから自分も頑張らなくちゃ」という

思いがあったそうです

メニエール病は皮肉にもそうした人一倍頑張っている人や自分を追い込んでまで人のために尽くす人の下にやってきます

 

きっと今回のニュースで衝撃を受けた人やショックを受けた人もたくさんいるでしょう

 

しかし誰が一番つらくてショックかは言わずもがな、当然本人です

今回の決断も非常に悩みに悩んだ末のことだと思います

 

しかし、メニエール病は気合で何とかなるものではないし

薬を飲んだからといってすぐに症状が改善するものでもないです

じっくりと時間をかけて心身共に休まないといけません

 

病院に行ったり薬を飲むことだけが治療ではありません

勇気を持って仕事を休むことも立派な治療です

 

なったことのある人じゃないとわからない苦しみですが

今回のニュースでどうか周りの人の理解が深まっていけば良いなと思うばかりです

 

同じ症状に悩む者としてmisonoさんの 症状回復、活動復帰を心から願ってます

闘病、共に頑張りましょう!!

 

 

 

 

食後低血圧

こんにち!晶です!

 

最近いきなりめまいが来ることが多くなり、日常生活を

非常に苦戦しています^^;

 

仕事を早退しなければならないほど症状がひどいこともしばしば・・・

 

ここ数日のめまいの症状を観察してみると、

昼食後に突然めまいが起こりまともに目を開けられなくなる

そして吐き気を伴う、という傾向にありました

 

試しに昼食を抜いてみたら、その日はめまいの症状は起こりませんでした

 

夕食後も同様にふらつくことがありましたが、お昼ほどではないため

通常通り食べていましたが、どうしても昼食後のめまいだけは

どうしようもない状況でした

 

昼食を抜くことが根本的な解決には決してならないし

むしろ不健康ですし、どうしたものかと頭を抱えました

 

めまいのことを考えると昼食を食べるのが怖くなるほどに^^;

 

そうして自分なりに色々調べた結果

食後低血圧じゃないかなというという考えにたどり着きました

 

もちろん、お医者様から診断されたわけでもないですし、

測定機器もないため、食前食後の血圧も測っていません

 

あくまで予想であり、その対策をしてみた結果少し症状が軽減したため

試してみるか・・・という目で見ていただけると幸いです

 

食後低血圧とは

食後に極端に血圧が低下することを言い、めまいやふらつき、症状が重い場合は

転倒や吐き気を催すようです

食後に胃や腸にエネルギーを使い、脳に酸素や糖分、血液が足りなくなることから

こういった症状が起こるようです

 

ちなみに食後に眠くなったり、集中力が切れたりするのも

食後低血圧の一種だそうです

 

そこでどういう対策を講じたかというと

以前、このブログにも書いたポカリスウェットです

 

ポカリにはブドウ糖が豊富に含まれているため糖分をすぐに吸収できます

糖分が足りないことによるめまいへの即効性は割りとあると思っています

 

というのも実際に食後少しふらついていたときにポカリを1本飲み干したところ

症状が軽くなりました

 

もちろん医学的根拠があるわけではないでしょうし、個人差もあると思います

僕の場合は症状が軽くなったのでこういった症状がある場合は

試してみてもいいかもしれません

 

今回の話題はメニエール病とは直結しない内容だと思いますが、

めまいに苦しむ点では似通った内容かと思い記事にしてみました

 

今後食後ではなくメニエール病によるめまいが発生したとき

試しにポカリを飲んでみようと思っています

 

もしもめまいの症状が少しでも軽くなったらすごい発見だと思うのです

 

身近に手に入り、即効性があるのであればこれほど助かるものはないでしょう

 

決してめまいは起こってほしくは無いけれど、早く試してみたいという

矛盾した感情が行き来している今日この頃でした(笑)

 

楽しいこと

こんにちは!

晶です!

 

皆さんにとって楽しいことってなんでしょか

 

趣味や特技と言い換えてもいいかと思います

 

ストレスを抱えてしまいがちなときに

楽しいことを考えたり実際にやってみることは

精神衛生上、非常に良いことだと思います^^

 

ちなみに僕の楽しみ、趣味はバイクでふらっと出かけることです

 

ふらっと1時間も走っていると、自分の全く知らない土地に行くことができます

 

自分の全く知らない土地に行くことはワクワクしたり好奇心が生まれます

 

自分の知らない世界を見たり触れたりして心を充実させることです

 

今日何気なく郊外へバイクを走らせているときれいに咲き乱れる彼岸花がありました

f:id:crystal6047:20190918224756j:plain

 

こういった感動したり心が少しでも動いたりしたらその瞬間をカメラおに収めます

 

そのほかにも川や田園風景など

f:id:crystal6047:20190918224923j:plain

f:id:crystal6047:20190918224938j:plain

 

何がどう良いかなどという説明はできませんが直感で

「この風景いいな」と思ったら自然とシャッターを切っていました

 

こういった楽しみの最中にいるとき、いやなことや病気のことなど

忘れていることが多いです

そういう経験をしたことがある方はきっとたくさんいると思います

 

趣味や特技に没頭しているときの時間の経過はかなり早いですよね

反対に仕事や勉強という、あまり乗り気がしないものをしている時の

時間の経過は非常にゆっくり感じますよね

1時間くらいがんばったつもりでいたのに、まだ10分しか経ってない!!

みたいな(笑)

 

同じ時間なのにこうも体感時間が違うものか、と思うほどです

 

 

一旦病気や耳鳴りやめまいのことを忘れられるほどに

没頭できるものをやってみてはいかがでしょうか^^

禁止されていること

こんにちは!

晶です!

 

メニエール病患者がお医者様から禁止されていること

 

どんなことがあるでしょうか

 

初めて禁止事項を提示された時

結構ショックを受けました^^;

 

なぜなら、当時僕の楽しみのほとんどを占めていたから(笑)

 

以下お医者様が患者に禁止している事項です

 

①イヤホン

イヤホンは直接耳に入れる為鼓膜をかなり刺激します

特に音漏れがするほどの音量で音楽を聴いていたら

耳に異常がない人でも難聴になるのですから

難聴患者にとっては全くよくないことです

 

②喫煙

喫煙は百害あって一利なし

良く出来た諺だと思います

実際にマウスに副流煙を吸わせた実験動画をお医者様から見せられたことがあります

そこには、血管が収縮し、通常通り流れていた血流がいきなり悪くなります

色は白黒で血管に血液が流れている個所は黒く映っているのですが

副流煙を吸わせた瞬間白く薄い色になります

血が一時的に通っていないような状況になります

当然、人間にも同じことが言えますので血流が悪くなると血が廻らず

難聴はもちろん悪化し、フラフラもしますし、めまいのもとにもなります

もし難聴の人で吸っている人がいるのならすぐにやめることをお勧めします^^;

 

③大きな音の成る空間

映画館やクラブのような大きな音がする場所へは行かないように

と言われたことがあります

これも①と同様に耳を刺激する原因になるので良くないとのことです

なかでも最も行ってはいけない場所は

パチンコ屋さんです←当時めっちゃハマっていた

まぁ当然と言えば当然ですが、パチンコ屋さんは信じられない音量の音が

常に鳴り響きますし、喫煙者も多くいます

大音量、たばこ、液晶の光・・・体に悪い事のオンパレードです

さらにお金まで失ってしまうこともある為ストレスのもとにもなります

パチンコはやめましょう

 

④過度な飲酒

あくまで過度です

多少たしなむ程度は許容範囲ですが

あまりにも多い量、頻度は体を害する為極力飲酒は控えるようにと言われています

 

おおまかに分けて以上の項目はメニエール病患者のタブーと言われています

 

まぁメニエール病患者じゃなくても当然良くはないでしょうが

人一倍気を付けなければならないということです

 

大学生当時初めてお医者様にこれらのタブーを聞いたとき

僕は①~④全て該当しました(笑)

 

いやいや、楽しみ全部無くなるやん、と(笑)

 

ほとんどの大学生はこれらの事を少なからず経験し

このようなことをして遊んでいるのではないかなと思います

僕もその一人でした

 

しかしほかの人たちと違うこと・・・

それは、片耳しか聞こえない事です

 

もしも聞こえる方の右耳までもが聞こえなくなってしまったら・・・

 

そう思うと上記の事をやめるのに時間はかかりませんでした

(禁煙だけはかなり辛かった^^;)

 

全て大切な自分の為であり、自分を必要としてくれる人や

愛してくれる人の為でもあります

 

聴力を失ってからでは遅いので、もし今症状に悩んでいる人で

上記項目に該当するものがあれば

できそうなことから控えていくのもいいかと思います

 

 

小さなことでも

こんにちは!

晶です!

 

皆さんにとって、ストレスってどのようなものでしょうか

 

人それぞれストレスの種類やストレスを感じる瞬間

頻度や度合いは様々だと思います

仕事、家庭、人間関係、経済事情etc・・・

 

そしてそのストレス発散方法も人それぞれだと思います

 

僕の場合のストレス発散方法はコレです!

 

☆ウォーキング☆

本当であればランニング等をしてしっかりと汗を流したほうが良いのでしょうが、

いかんせんきついことが長続きしないのでウォーキングにしてます^^;

少し汗ばむくらいでちょうど良く、また気軽にできる良い運動なのでオススメです!

 

特に僕は普段の仕事がデスクワークのため、どうしても運動不足になりがちです

しかも運動不足が血行を悪くし、メニエール病の症状を誘発してるかもしれない

と考えると普段の生活が不の連鎖になるため、軽い運動は必須になります

 

目安の目標は1日のトータル歩数を8000歩以上にすること

それも少し早歩きくらいの感覚で歩きます

 

仕事終わりのウォーキングだけではなかなか8000歩が難しいので

日中の時間も活用します

 

1駅前で降りて歩いたり、お昼休みの30分を歩いたりします

 

これが結構気分転換や新鮮な気持ちになります

 

僕が歩くときに意識するのは

「ほんの小さなことでも気づく」

こと(を心がけること)です

 

普段毎日生活している場所でも

微妙にコースを変えながら歩きます

 

すると「こんなところに美味しそうなお店がある」

「こんなところに朝顔が咲いてる」

「昨日はなかった場所に猫のフンがある!!」

「今日はやけに子供が多いな」などなど

 

本当に小さなことで構わないと思います

 

「気づく」ことが重要かなと思います

気づきが頭を活性化し、小さなことにも感動して今日も生きてる!と実感し

気持ちも前向きに、明るくなります(大げさかもしれませんが事実です)

 

さらに歩いて少し汗をかくのですから程よい疲労感から

入眠が非常にスムーズです

 

最近始めたウォーキングですが、し始めてから

からだの調子はすこし良くなっています

 

これが根本的にメニエール病の症状緩和につながってくれればと

切に願うばかりです^^

 

みなさんのストレス発散方法等があれば教えていただけると幸いです^^ 

 

 

ポカリ

こんにちは!

晶です!

 

皆さんはめまいが起こったとき、どのように対処してますか?

 

めまいは前触れなく突然起きますよね・・・

 

ぐるぐる回って気持ち悪いし、まともに立っていられなくなりますよね

吐き気もあるので早く改善してほしいです

 

めまいが起こってしまった場合、僕は

 

①横になる

これが一旦すぐに実行できる対処法だと思います

しかし回転性のめまいは横になるだけでは根本的に改善しません

体勢をありとあらゆる方向へ変えながら気分の悪くない位置を探します

気分が悪くなったら右向き、また悪くなったら左向き、うつぶせなどなど

 

②病院へ行き点滴を打つ

耳鼻科へ急いで駆け込んで点滴を打ってもらいます

これが一番無難な対処法です

めまいの薬や吐き気を抑えてくれる薬を点滴します

所要時間は大体1時間程度です

 

しかし、実際問題、めまいや吐き気を催している時に病院へ行くことは

非常に困難だと思います

車の運転はもちろん不可能(むしろしてはいけません)なので

周囲の協力を得るか、タクシーを使うしかありません

ましてや病院が開いていない時間帯に症状が発生してしまった場合

家でどうにか対処するしか方法はないというのがデメリットです

もし病院が開いている時間に起こったらタクシー代等多少お金を使ったとしても

病院に行って点滴を打つことをオススメします

きついかも知れませんが実際に眼球の動きを見てもらったほうがいいと思います

眼振が確認できるとお医者様も対処の仕方が変わるでしょうし、

迅速に対応してくれます

 

③座薬の使用

耳鼻科に行けたならばできれば処方してもらうと助かるのが座薬です

これが意外と効果があります

本来、吐いてしまった場合等に使用する薬だそうですが

吐かなかったとしても吐き気が治まらずどうしようもない場合には

使用しても構わないそうです

吐き気自体は一旦緩和します

使用後は6時間は座薬は使えません

 

④市販薬の服用

あまりオススメはしないのですが緊急で一時的でも症状を緩和させたい場合は

市販薬を服用することがあります

第二類医薬品 エーザイの「トラベルミン」です

実際お医者様も処方薬として勧める事があるそうです

メニエール病のめまいが乗り物酔いに似ていることから

服用すると症状が少し改善することがあるそうです

実際僕も服用したことがあるのですが

確かに少し改善したことがあります・・・が!とにかく眠くなります

トラベルミンを飲んだ後は絶対に運転してはいけません!

眠くなったらそのまま寝てもいいような状況の場合に服用してください

 

⑤ポカリスウェットを飲む

何だこれはと思われるかも知れませんが

最近知人から聞いて試してみたところ

意外と効果があったので記載してみました

めまいが起こったとき、僕の場合は

急に寒気がしたり首元が冷たくなったりします

なんとなく頭に血が足りていないようなイメージです

血中の糖分が足りていないがためにめまいが発生してしまうのならば

ブドウ糖を含んだ飲み物を飲むと良いそうです

ほかにもブドウ糖を含む飲み物としてはコーラなんかも良いそうです

 

そんなもので症状が改善するのか疑問に思われるかもしれませんが

試してみて症状が緩和すればラッキーくらいの気持ちで一度試してみてください^^

 

そのほかこういうことをしたら症状が緩和した、というような情報があれば

僕も教えていただきたいです!よろしくお願いしますm(_ _)m

 

聞こえ方

こんにちは!

晶です!

 

耳鳴りや難聴のときは、めちゃくちゃ聞こえが悪いですよね

 

僕の場合は悪いときと良いときの差が激しいです

 

本当に悪いときは人の声はもちろん、自分の声でさえ聞こえないほどです^^;

 

具体的には、すぐそばにいる人の声を何度も聞き返すほど

たとえば普段テレビの音量が10で聞こえていても20~30でぎりぎり聞こえるほど

そんなときは人と会話をしたくなくなります^^;

 

はっきり言って日常生活に支障をきたすレベルです

 

しかしながらそんなことを言ってもいられないので

仕事の同僚や家庭の協力を得ながら何とか生活してます

 

特に仕事は一日のほとんどの割合を占めるため

一緒に働く同僚、同じ部署やフロアの方々には

一応事情を説明しています

 

幸い、同僚や職場環境にも恵まれているため

ある程度配慮してもらってますm(_ _)m

 

難聴の何が一番つらいか・・・

「外見では病気であることが全く伝わらないこと」です

 

難聴であることを打ち明けてしまったら、同情されたり

周りの接し方が今までと変わってしまったり

しょうがい者としての扱いをされてしまったり

という不安を抱えている人もいらっしゃると思います

実際にそういう人もいるそうです・・・

 

僕は逆に、自分と距離の近い存在にこそ積極的に

自身の難聴を打ち明けます

自己紹介なんかでは必ず耳のことを話します

普通の人は趣味や特技なんかを織り交ぜながら自己紹介をすると思います

 

僕もそれと一緒の感覚です

片耳が聞こえないのも、メニエール病もひとつの個性と

割り切ってます^^

 

ちなみにメニエール病の患者数ってどれくらいだと思いますか??

1万人に1~2人らしいですよ!

すごくないですか!?奇跡ですよね

確率に直すと0.01%!!

 

もってるな~って思いませんか?笑

 

発症してしまったもんはしょうがないし

これを自分の個性であり、弱みでもあるけど強みでもある

 

例えば聞こえが悪いから電話受け業務ができないとして

ほかの仕事でカバーすればいい

あまり声が聞き取れないから、大きな声で会話するようにすればいい

 

そうすると、人より仕事をたくさんしているように見てくれたり

元気な人だなって思ってもらえたりする

 

病気になってどうしてもうつむいてしまうかもしれないけど

ただ人より耳が聞こえにくいだけ

心まで病気になる必要はない

 

そう自分自身に言い聞かせながら、周囲の協力に感謝しながら

今日も僕は生きています^^